脂肪を知れば、
ダイエットがわかる

  • TOP>
  • 脂肪を知れば、ダイエットがわかる

脂肪細胞の
数・大きさ・種類を
理解することが大切!

脂肪細胞の数は変わらない

脂肪をため込む脂肪細胞の数は、生後から思春期にかけて増加していき、20歳前後でその数は安定し始めると言われています。

年代別による脂肪細胞数の変化

思春期にかけて増加していき、
成人する頃に安定すると言われています。

太ったり、やせたりは
脂肪細胞の大きさが変わるだけ

脂肪のメカニズム

※イメージ

脂肪細胞は全身に存在しています。食事のカロリーを減らしたり、運動によってエネルギーを消費することで、全身の脂肪細胞を小さくすることはできますが、「ウエストのくびれをつくる」というような特定の部位の細胞だけを小さくすることは、基本的にはできません。

体型をくずすのは皮下脂肪

皮下脂肪

皮ふと筋肉の間に蓄えられます。 指でつまむことができ、女性につきやすい脂肪です。きれいにやせて、理想のスタイルを目指すには、この脂肪を落とすことがポイントになります。

内蔵脂肪

筋肉の下にあり、臓器を覆うようについています。
内臓脂肪型肥満は男性に多く、様々な生活習慣病を引き起こす原因として知られています。

Point

脂肪細胞のは成人以降変わることはありませんが、
大きさが変化することでやせたり太ったりしてしまいます。
そんな脂肪の中でも女性につきやすい、皮下脂肪
お腹だけ、二の腕だけ細くしたい…。そんな「部分やせ」を叶える方法は?